メッセージ 創業時から変わらない想い。絶対に失敗はさせない。

president message浜島俊哉hamajima toshiya

プロフィール
1959年 愛知県名古屋市出身
1980年 CoCo壱番屋に入社。初の大型店を店長として成功に導くと共に、マネジメントの手法を確立
1992年 取締役全国統轄本部長 就任
2000年 代表取締役副社長 就任
2002年 現職・代表取締役社長 就任

皆さんは楽しく仕事ができていますか?

私は常々、仕事とは楽しいものでなければいけないと考えています。皆さんはどのようなときにそう感じるでしょうか。
私たち外食産業では、それぞれの店舗で、日々お客様に接し、自分の接客や調理でお客様から「ありがとう」「ごちそうさま」といわれて、やりがいを感じることができるシチュエーションにあふれています。
また、組織においては、役職が上がり、権限が増えることによって仕事を自分の好きなように進めることができるようになれば楽しいと思いませんか。
お客様に喜んでいただき、しかも自分の好きなように働く、この両方を実現しているのが壱番屋のフランチャイズオーナーです。
経営者として、自由度も高く、楽しく働けるフランチャイズオーナーを毎年、数多く輩出するしくみが私たちのブルームシステムです。

壱番屋のブルームシステム(BS)

壱番屋のフランチャイズ展開は、実は一般的なフランチャイズ加盟から始まったのですが、企業理念の共有が難しく、創業者の想いが十分に反映されませんでした。
そこで、創業者の想いを受け継いで店舗を経営してくれる人にフランチャイズになってもらうために、「ブルームシステム」(BS)と名付けたのれん分け制度を考え出しました。
十分な経験を積み、しっかりと企業理念を理解した社員に、オーナーとして大きく花開いてほしいとの想いをもとに、壱番屋のフランチャイズ展開が始まりました。
入社後は、複数の店舗勤務を通じて、経営者に必要な能力を習得してもらいますが「この作業ができれば独立」という単純なものではありません。
壱番屋の企業理念をしっかりと理解し、お客様のご期待にお応えする店舗運営ができるようになった方にフランチャイズオーナーとして独立していただきます。
当社には「会社にかかわるすべての人々と幸福感を共有すること」という経営目的があり、より多くの人が当社のブルームシステムを通じて、幸せになってもらいたいと考えています。

「独立=成功」ではない

ブルームシステムにより、これまでに約700名のオーナーが誕生していますが、独立したオーナーすべてが成功を収めているというわけではありません。
苦労して独立し、オーナーになったことを「成功」と勘違いしてしまった人が、経営に失敗し、店舗を手放さざるを得ないというケースはよくあるもので、「独立=成功」ではないのです。
しかし、ほとんどのオーナーは、壱番屋の企業理念や社是である「ニコニコ・キビキビ・ハキハキ」を日々実践し、地域一番店を目指して努力を続けています。
オーナーを続ける以上、この努力に終わりはありませんが、お客様から感謝の気持ちを直接いただけることや、従業員や会社の成長を自分のものとして感じられるという経営者としての喜びは、他の何ものにも替えがたいものです。
そして、独立後は、フランチャイズオーナーと本部は、まさに車の両輪のようなパートナー同士という存在となります。努力を続けるオーナーに対して、本部は全力でバックアップをしていくことで、壱番屋チェーンはここまで育ってきました。
私たちと共に発展し、大きく開花し、楽しく幸せな人生を送る仲間が増えることは喜ばしいことです。

ぜひ、壱番屋の門を叩いてください。オーナーを目指すあなたを応援します。
「さあ、ともに楽しく仕事をしませんか。」

経営者への
第一歩!
説明会に参加する

壱番屋で独立を目指す方には、まず「説明会への参加」からスタートしていただきます。