沿革

昭和53年1月 名古屋市郊外西枇杷島町に「カレーハウスCoCo壱番屋」1号店オープン
昭和54年11月 愛知県尾西市にチェーン本部及び工場完成
昭和55年4月 FC加盟店1号店として愛知・稲沢国府宮店オープン
昭和56年1月 ブルームシステム(社員のれん分け制度)を発足
昭和57年7月 FC本部として(株)壱番屋、直営店部門として壱番屋店舗運営(株)を設立
昭和57年10月 食品製造部門として壱番屋オリジナルフーズ(株)を設立
昭和58年7月 愛知県一宮市に新社屋及び工場完成
昭和59年3月 優良店舗の確保を主目的に不動産部門として壱番屋店舗開発(株)[のちに壱番屋開発(株)]を設立
昭和60年1月 京都営業所・配送センター開設
昭和62年6月 アンケートハガキ導入
昭和62年9月 東日本本部・配送センター開設(現東京営業所)
昭和63年8月 福岡営業所・配送センター開設
昭和63年12月 100店舗達成(岐阜鏡島店オープン)
平成元年4月 埼玉営業所・配送センター開設
平成元年11月 HHT導入、全店舗と本部がオンライン化
平成2年1月 店舗設計・施工・監理を目的としてイエロー企画建築(株)を設立
平成2年8月 厨房機器販売を目的としてベストワン(株)を設立
平成3年5月 西日本本部・配送センター開設(現岡山営業所)
平成3年11月 広告代理店部門としてファーストクリエイション(株)を設立
平成3年12月 本社ビル完成移転
平成4年4月 中日本本部商品流通センター完成
平成4年5月 北海道営業所・配送センター開設
平成4年10月 東北営業所・配送センター開設(現宮城営業所)
200店舗達成(郡山図景店オープン)
平成4年12月 北陸出張所・配送センター開設(現石川営業所)
平成5年2月 第3CK完成(現第3工場)
平成5年7月 本社第2社屋完成
平成5年10月 車両整備部門としてスマイルモータース(株)設立
POSシステム全店で稼働
平成6年2月 海外拠点として、CoCoICHIHAWAII,INC.を設立
壱番屋店舗開発(株)を壱番屋開発(株)に商号変更
平成6年4月 清掃・施設管理部門としてトータルクリーンサービス(株)設立
平成6年5月 全国47都道府県下へ出店達成
300店舗達成(豊橋岩田店オープン)
平成6年6月 CoCoICHIHAWAII,INC.がハワイ オアフ島にCoCo壱番屋を海外拠点1号店として出店
平成6年11月 農林水産大臣賞受賞
平成7年1月 新業態店舗「FSココイチ」名駅西口店オープン
平成7年6月 「カレーハウスCoCo壱番屋」の一般加盟を打ち切る
平成7年11月 四国出張所・配送センター開設(のちに香川営業所)
平成7年12月 千葉出張所・配送センター開設(のちに千葉営業所)
平成8年4月 一部店舗で宅配開始
平成8年9月 スマイルモータース(株)、トータルクリーンサービス(株)を解散
平成8年12月 グループ5社[壱番屋店舗運営(株)、ベストワン(株)、ファーストクリエイション(株)、イエロー企画建築(株)、壱番屋オリジナルフーズ(株)]吸収合併
新愛知配送センター完成。壱番屋持株会発足
400店舗達成(中区市民会館前店オープン)
平成9年5月 第4工場完成
平成9年10月 佐賀工場完成
福岡営業所を移転し、佐賀営業所として開設
広島出張所・配送センター開設(のちに広島営業所)
平成10年1月 託児所「ココちゃんランド」開設
500店舗達成(戸畑3号バイパス店オープン)
平成10年5月 移動販売車テイクアウト弁当販売開始
平成10年7月 「FSココイチ」の一般加盟を打ち切る
平成11年5月 600店舗達成(美濃加茂川合店オープン)。全店に新POS導入
平成11年8月 栃木工場完成
平成11年10月 群馬出張所・配送センター開設(のちに群馬営業所)
平成12年2月 株式を店頭公開
平成12年12月 栃木工場二期工事を完成(10釜から22釜へ増設)
平成13年1月 700店舗達成(南区吉野町店オープン)
平成13年5月 壱番屋開発株式会社を解散
平成14年5月 海外拠点であるCoCoICHIHAWAII,INC.の全株式を譲渡
同社はフランチャイジーとなる
基幹システム(受発注)の再構築実施
800店舗達成(長野川中島店オープン)
平成14年6月 新業態店舗 カレーパン屋ヨシヅヤ太平通り店オープン
平成14年10月 石川配送センターを廃止し、京都配送センターに集約する
平成15年3月 新業態店舗 あんかけスパゲッティ専門店「パスタ・デ・ココ」一宮三ツ井店オープン
平成15年5月 新業態店舗 カレーうどん専門店「麺屋黄粉壱」(めんやここいち)一宮駅前店オープン
平成15年7月 全店舗禁煙実施
香川配送センターを廃止し、岡山配送センターに集約する
平成15年8月 「1,300g超大盛り達成にチャレンジ」を終了
平成15年11月 900店舗達成(金沢もりの里店オープン)
平成15年12月 壱番屋チェーン店の国内全店舗の物流業務を(株)トーカンへ一括委託
群馬営業所を廃止し、埼玉営業所に集約する
平成16年3月 東京証券取引所第2部及び名古屋証券取引所第2部に株式上場
平成16年6月 上海ハウスカレーココ壱番屋レストラン有限会社(上海)に出資
(現社名・ハウスレストラン管理(上海)有限会社)
平成16年9月 中国1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」上海中山公園店をオープン(上海市)
平成16年12月 1,000店舗達成(中区関内馬車道店オープン)
平成17年1月 「カレーハウスCoCo壱番屋」ロゴの変更
店舗の内外装デザインの変更
壱番屋企業行動憲章の制定
平成17年5月 東京証券取引所第1部及び名古屋証券取引所第1部に株式上場
平成17年7月 台湾カレーハウスレストラン株式会社(台湾)に出資
平成17年9月 台湾1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」台北漢口店をオープン(台北市)
平成17年10月 宅配ピザチェーン店「ナポリの窯」にフランチャイズ加盟し、岐阜県岐阜市に「ナポリの窯」岐阜市橋店オープン
平成18年5月 全工場(愛知工場、栃木工場、佐賀工場)においてISO9001:2000認証取得
平成19年2月 1,100店舗達成(岡山下中野店オープン)
平成19年4月 中国 上海市にセントラルキッチンを建設
平成19年9月 韓国カレーハウス株式会社を設立し出資
平成20年3月 韓国1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」江南店をオープン(ソウル市)
平成20年7月 新業態 お粥専門店「粥茶寮kassai」栄ガスビル店オープン
平成20年8月 イチバンヤ ミッドウエスト アジア株式会社(タイ)を設立し出資
平成21年4月 1,200店舗達成(飯塚柏の森店オープン)
平成21年10月 米国子会社 イチバンヤUSA INC. を設立し出資
平成21年11月 香港子会社 壱番屋香港有限会社を設立し出資
平成22年3月 新業態 ハンバーグ専門店「にっくい亭」江南赤童子店オープン
平成22年6月 香港1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」クロコダイルセンター店をオープン(九龍地区)
平成23年2月 米国本土1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」Palm Plaza Torrance店をオープン(カリフォルニア州)
平成23年4月 新業態 ひつまぶし専門店「うなぎ屋壱番」稲沢下津店オープン
平成23年5月 京都営業所を移転し、大阪営業所として開設
平成23年9月 シンガポール1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」313@somerset店をオープン(オーチャード地区)
平成24年2月 1,300店舗達成(Fashion Island店オープン[タイ])
平成25年1月 「世界で最も大きいカレーレストランのチェーン店」としてギネス世界記録™にて認定
※ギネス世界記録™はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です
平成25年12月 インドネシア1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」Grand Indonesia店をオープン(ジャカルタ市)
平成26年9月 栃木工場にてレトルト製造ライン本稼動開始
平成26年10月 1,400店舗達成(北京楓藍国際店オープン[中国])
平成27年1月 三重県三重郡菰野町にて生鮮野菜の自社栽培開始
平成27年2月 マレーシア1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」1 Utama店をオープン(プタリン・ジャヤ市)
平成27年3月 フィリピン1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」Estancia店をオープン(パシッグ市)
平成27年5月 ミラノ国際博覧会日本館フードコートに出店
平成27年10月 香港で2社目となる子会社 壱番屋国際香港有限会社を設立
平成27年12月 ハウス食品グループ本社株式会社による公開買付けにより同社の子会社となる
平成28年10月 新業態店舗 ハンバーグ ステーキレストラン「MEAT KING」コーズウェイベイ店(香港)オープン
平成29年3月 ハウスレストラン管理(上海)及び台湾カレーハウスレストランを取得し子会社化
平成29年5月 英国子会社 イチバンヤUK LIMITEDへ出資
平成29年9月 ココイチ初のハラール対応店舗「ハラール秋葉原店」(東京・秋葉原)オープン