製造工場の確認

  • 従事者の衛生管理

    専用の作業着に着替えた後、粘着ローラーで表面の異物を取り除きます。
    手洗いは手順が決められ、時間もタイマーで管理しています。また、従業員の日常健康チェックや定期検便検査を行うなど厳密に衛生管理をしています。

  • 各工程での温度管理

    原料納入時、保管、加熱、冷却など、温度基準が決められ、各工程で基準に適合していることを確認しています。

  • 異物混入がないことを確認

    包装された後にX線異物検査機などを使用し、硬質異物が混入していないことを確認しています。また、機械検出できない異物についても、スキルを満たした従業員が適正なタイミングで目視確認しています。