地域・社会への取り組み

社員一人ひとりの積極的な奉仕活動によって、地域・社会と共存し続ける壱番屋グループ。「経営を通じ人々に感動を与え続け、地域・社会に必要とされる存在となること」というミッションを果たすため、さまざまな貢献活動を行っています。

地域貢献活動

カレー提供

カレー提供

年間30回程度、愛知県西尾張地域周辺の福祉施設(児童養護施設、障害者支援施設、授産施設など)に訪れます。昼食時やバザー開催時に、本社に勤務する社員が中心となってココイチのカレーを提供。カレー提供によって収益金が発生した場合は、全額をその施設に寄付しています。

近隣清掃

近隣清掃

本社のある愛知県一宮市の美化プログラムに参加し、市と協力しながら、地元地域のより良いまちづくりを目的とした清掃活動をしています。毎月、有志の社員が集まって本社周辺の道路や公園などを清掃。また年に2回、本社の社員200名程度が集まる「ゴミゼロ運動」を実施しています。創業者・宗次徳二が大切にしてきた、近隣地域への感謝の心を社員一人ひとりが継承し、清掃・美化意識の向上に取り組んでいます。

自主提案型ボランティア

自主提案型ボランティア
自主提案型ボランティア
自主提案型ボランティア

社員一人ひとりが、目の前の課題解決に向けて「できること」を探し、提案・実行します。主な事例としては、石川県が推進する海岸保全の取り組みに参加した「北陸海岸清掃」。チームを組んで、数回に分けてゴミ拾いを行いました。このほかにも北海道から九州まで、全国の営業所の社員が自主的にボランティア活動に参加。 “わくわく”を感じながら、地域・社会の課題に向き合い続けています。

寄付・協賛

寄付・協賛

本社周辺の地域で開催される行政イベントへ寄付・協賛を行っています。

過去の実績例

  • 一宮タワーパークマラソン・・・レトルトカレー寄贈
  • 一宮さくらまつり・・・広告協賛
  • 濃尾大花火・・・打ち上げ花火協賛

青少年の育成支援

青少年の育成支援

心身ともに健全な青少年の育成支援を行っています。

過去の実績例

  • 丹陽少年野球クラブ 野球大会・・・レトルトカレー寄贈
  • 九日市場こども相撲大会・・・レトルトカレー寄贈
  • 一豊杯(剣道大会)・・・レトルトカレー寄贈

ふるさと納税返礼品監修

ふるさと納税返礼品監修

カレーハウスCoCo壱番屋創業の地、愛知県清須市のふるさと納税返礼品であるオリジナルレトルトカレーの監修をしています。隠し味に清須市にあるみそメーカーと醸造メーカーの商品を使用し、地元企業とのコラボレーションが実現しました。食を通して地域を応援しています。

壱番屋のボランティア

創業当時より社員各々が自主的に行ってきた、近隣清掃や福祉施設でのカレー提供、募金活動などを本格化させるため、1994年に「ボランティア委員会」を発足。壱番屋本社の各部署に勤める社員から選出された「ボランティア委員」が主導となり、地域貢献・災害復旧支援・社会福祉において、さまざまな活動を展開してきました。ボランティア委員はリーダーとして活動を企画・運営し、活動に参加する社員を束ねることで、組織として一体となって地域・社会に貢献することを目指しています。

災害復旧支援活動

復旧支援活動

当社のもてる機能を活かした災害時の復旧支援活動を行います。

1. 社内有志による募金支援

社員の有志による義援金を集め、日本赤十字社を通して寄付しました。

2021年度

  • 令和4年福島県沖地震災害義援金・・・115,260円

2. 炊き出し等による支援(直近5年分)

被災地域の方々に対し、電気、ガス等のインフラ整備が整うまでの間、現地周辺に拠点を構えて、昼食や夕食の食事支援を行います。また、ボランティアスタッフの方々へ、当社チェーンでご利用いただける食事券の提供も行っています。

活動実績

令和2年7月豪雨

■ボランティア活動をされている方々への支援について
災害支援活動に参加された方にお配りいただくよう、壱番屋チェーンでご利用いただける食事券を現地ボランティアセンターに寄贈(3,300枚、1枚500円)

令和元年東日本台風(2019年台風19号)

■ボランティア活動をされている方々への支援について
災害支援活動に参加された方にお配りいただくよう、壱番屋チェーンでご利用いただける食事券を現地ボランティアセンターに寄贈(16,600枚、1枚500円)

令和元年房総半島台風(2019年台風15号)

■ボランティア活動をされている方々への支援について
災害支援活動に参加された方にお配りいただくよう、壱番屋チェーンでご利用いただける食事券を現地ボランティアセンターに寄贈(3,500枚、1枚500円)

北海道胆振東部地震

■ボランティア活動をされている方々への支援について
災害支援活動に参加された方にお配りいただくよう、壱番屋チェーンでご利用いただける食事券を現地ボランティアセンターに寄贈。(6,600枚、1枚500円)

西日本集中豪雨

■炊き出し支援について
2018年7月10日(火)~8月13日(月)
岡山県、広島県、愛媛県内の避難所等でカレーライスの提供(20,739食)
■ボランティア活動をされている方々への支援について
災害支援活動に参加された方にお配りいただくよう、壱番屋チェーンでご利用いただける食事券を現地ボランティアセンターに寄贈。(25,800枚、1枚500円)

災害時帰宅困難者支援活動

災害時帰宅支援ステーション

地震などの大規模自然災害により、交通機関が途絶えた場合に発生することが予想される徒歩帰宅者を支援するため、自治体との協定を締結し、災害時帰宅困難者支援活動に協力しています。支援の内容は(1)水道水の提供、(2)トイレの使用、(3)ラジオ等で知り得た情報の提供などです。42の都道府県で導入しています。

社会福祉活動

前年度利益の1%程度を目処に各施設・団体へ寄付やカレー提供などの各種支援活動を行っています。カレー提供などの支援によって収益金が生じた場合、該当施設に寄付金として支援しています。

寄付先一例

  • 子供の未来応援基金

    学びの機会や衣食住が十分でない子どもたちが、進学や就職にチャレンジできるよう、全国各地のNPOなどの民間団体がさまざまな活動を行っています。
    内閣府はそうした草の根で活動しているNPOなどをサポートすべく、2015年から「子供の未来応援基金」として寄付を募っており、当社は「子供の未来応援国民運動」に賛同し、2018年から寄付を行っています。

    子供の未来応援基金
  • あしなが育英会

    あしなが育英会は、病気や災害、自殺などで親を亡くした、もしくは親が重度後遺障がいで働けない家庭の子どもたちを対象に、心のケア事業と教育支援事業を行う民間の非営利団体です。
    遺児の進学支援のため奨学金の貸し出しなどを行っており、当社は遺児支援のため2006年より毎年寄付を行っています。

    あしなが育英会

その他活動

フードバンクへの食材提供

フードバンクへの食材提供

工場で生産した製品の中で、品質保証の検査用ソースや期間限定メニューで終売により在庫となったカレーソースなど、品質に問題が無いにもかかわらず販売できない食品をフードバンク様向けに再調理し、さまざまな施設へ提供しています。環境面においても、食品ロス問題や温室効果ガス問題などの対策に繋がる活動であり、積極的に行っています。

補助犬

ほじょ犬

「カレーハウスCoCo壱番屋」をはじめとする当チェーンでは、お客様に安心してご利用いただけるよう、補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の同伴ができる店舗づくりを行っています。

地域・社会への取り組み 活動実績

第40期の主な実績

子どもの未来応援基金への寄付
・・・1,800万円
岐阜県のお子様に関連する17施設への機材等の提供
・・・473万円
地元福祉団体でのバザー売上金寄付等
・・・399万円

第39期の主な実績

一宮市のいずみ学園(福祉児童発達支援センター)、朝日荘(母子生活支援施設)への機材等の提供
・・・2,484万円
福祉団体、災害時の食材等提供
・・・1,887万円
地元福祉団体でのバザー売上金寄付等
・・・152万円
お子様に関連する施設へのマスク寄付(愛知県、三重県、一宮市 計11万枚)
・・・412万円

第38期の主な実績

子供の未来応援基金への寄付
・・・2,100万円
あしなが育英会への寄付
・・・1,100万円
福祉団体、災害時の食材等の提供
・・・430万円
地元福祉団体でのバザー売上金寄付等
・・・217万円
台風15号、台風19号災害支援
・・・299万円

第37期の主な実績

あしなが育英会への寄付
・・・1,350万円
子供の未来応援基金への寄付
・・・1,350万円
福祉団体、災害時の食材等の提供
・・・369万円
地元福祉団体でのバザー売上金寄付等
・・・178万円

第36期の主な実績

あしなが育英会への寄付
・・・1,500万円
子供の未来応援基金への寄付
・・・1,500万円
福祉団体、災害時の食材等の提供
・・・357万円
地元福祉団体でのバザー売上金寄付等
・・・192万円

また、直営店においては、店頭に「あしなが育英会」の募金箱を設置し、上記の寄付以外に、店舗従事者及びお客様より募金を募っています。

Scroll down