地域社会への取り組み

カレー提供

年間30回程度、本社に勤務する社員が中心となって、愛知県西尾張地域周辺の福祉施設(児童養護施設、授産施設等)に対し、給食サービスやバザーなどへの出張販売でカレー提供を行っています。カレーの出張販売による収益金は施設へその全額を寄付しています。

一宮市社会福祉協議会様の声

本会が主催する2つの事業にCoCo壱番屋さんからカレーを提供いただいております。「障害者スポーツ大会」では、大会終了後、おいしそうにカレーを召し上がり、大変喜ばれています。「福祉とボランティア活動展」では、カレーコーナーに、いつも来場者の列ができ、模擬店の中でも人気コーナーとして定着しています。
社員ボランティアさんは、いつも熱心に活動していただき、大変感謝しております。

施設交流

カレー提供とは別に、児童養護施設の子供達を招いてのカレー鍋パーティー、野外バーベキューなどを企画実行しています。子供達とのふれあいを通じて子供達のすこやかな成長を願うとともに、私たちもさまざまな刺激を受けています。

青少年の育成支援

「少年野球大会」への協賛

地元の少年野球大会の開催に対して協賛し、心身ともに健全な青少年の育成の支援を行っています。

「愛知県児童福祉施設長会」主催 夏季鍛錬会への後援

愛知県下の児童養護施設の対抗「ソフトボール大会」「卓球大会」への後援を行い、両会場にて参加児童、施設職員を始めスタッフへの昼食提供を行っています。

フードバンク食材提供

工場で生産した製品で、検査用ソースや期間限定メニューのカレーソースなど品質に問題がないにもかかわらず販売できなくなった食品を、フードバンク様向けに再加工し、さまざまな施設へ提供しています。エコにつながる活動でもあり、食品を扱う企業として積極的に行っています。

近隣清掃

定期的に有志の社員が集まって、清掃活動や近隣公園の花壇整備などの活動を実施しています。また、年に数回『ゴミゼロ運動』や『年末大掃除』として社員150名以上が集まる清掃活動を実施しています。
各活動を通じて集めた空き缶やペットボトルは、リサイクル業者様に処理を委託し、リサイクル活動の一環としても取り組んでいます。

回収寄付活動

年間を通して古切手や古着、ペットボトルのキャップなどの回収を行い、各ボランティア団体に寄贈しています。

災害復旧支援活動

災害時の復旧支援活動に対し、当社の持てる機能を活かした支援活動を行います。

1. 炊き出しによる支援

被災地域の方々に対し、電気、ガス等のインフラ整備が整うまでの間、現地周辺に拠点を構えて、昼食や夕食の食事支援を行います。

2. 社内有志による義援金活動

主として災害救助法の適用を受ける災害が発生した場合、社内にて義援金の募集活動を行い、日本赤十字社を中心とした被災地域の団体への寄付を行います。

大規模災害に対する支援活動

当社は、「経営を通じ人々に感動を与え続け、地域・社会に必要とされる存在となること」というミッションのもと、大規模災害に対する支援活動として食糧支援や義援金、募金活動などを行ってまいりました。これからも、持てる機能を活かして、被災されたみなさまをさまざまなかたちで支援してまいります。

東日本大震災

■食糧支援について
平成23年3月16日(水)
レトルトカレーの提供(66,000食)
平成23年3月30日(水)
低アレルギーレトルトカレーの提供(6,372食)
■炊き出し支援について
平成23年3月18日(金)~5月1日(日)
宮城県名取市、岩沼市周辺の避難所等でカレーライスの提供(延べ77ヵ所、35,795食)
■ボランティア活動をされている方々への無償カレー提供について
平成23年4月16日(土)~5月10日(火) ※一部店舗は4月6日~
ボランティア活動をされている方を対象に、カレーライスを無償提供(1,000円相当分、9,562食)
■義援金について
平成23年3月31日(木)
あしなが育英会様「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」に1億円を寄付(あしなが育英会様には、毎年2~3千万円程度の寄付を行っておりますが、今回の義援金はこうした定例分とは別に実施させていただきました)
■なとり観光復興プロジェクト実行委員会主催 なとり鎮魂灯篭流し グルメフェスタ参加
平成23年8月13日(土) 被災地(名取市ゆりあげ地区)で開催されたイベントに参加、そこでの売上金(87,100円)を(社)日本フードサービス協会様を通じて名取市に寄付
■店頭募金活動
あしなが育英会様「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」へのお客様からの寄付を店頭にてお預かりしておりましたが、平成26年3月31日をもって募金が終了いたしました。
この間にお預かりしました善意の合計は、28,058,543円となりました。みなさまのご支援・ご協力ありがとうございました。

熊本地震

■炊き出し支援について
平成28年4月18日(月)~4月26日(火)
熊本県内の避難所等でカレーライスの提供(延べ34ヵ所、17,502食)
■ボランティア活動をされている方々への支援について
平成28年4月22日(金)以降に災害支援活動に参加された方を対象にお配りいただくよう、壱番屋チェーンでご使用いただける食事券を現地ボランティアセンターに寄贈。(6,000枚、1枚500円)
■店頭募金活動及び義援金について
平成28年4月18日(月)~5月20日(金)の間、店頭での募金を実施し、寄せられた善意の合計は、5,194,068円となりました。お預かりした募金に、当社からの義援金5百万円を加えて、熊本県に寄付させていただきました。みなさまのご支援・ご協力ありがとうございました。

鳥取地震

■ボランティア活動をされている方々への支援について
平成28年10月29日(土)以降に災害支援活動に参加された方を対象にお配りいただくよう、壱番屋チェーンでご使用いただける食事券を現地ボランティアセンターに寄贈。(1,800枚、1枚500円)

平成30年7月豪雨

■炊き出し支援について
平成30年7月10日(火)~8月13日(月)
岡山県、広島県、愛媛県内の避難所等でカレーライスの提供(20,739食)
■ボランティア活動をされている方々への支援について
災害支援活動に参加された方を対象にお配りいただくよう、壱番屋チェーンでご使用いただける食事券を現地ボランティアセンターに寄贈。(25,800枚、1枚500円)

災害時帰宅困難者支援活動

地震等の大規模自然災害により、交通機関が途絶えた場合に発生することが予想される徒歩帰宅者を支援するため、自治体との協定を締結し、災害時帰宅困難者支援活動に協力しています。支援の内容は(1)水道水の提供、(2)トイレの使用、(3)ラジオ等で知り得た情報の提供などです。

社会・福祉活動

前年度利益の1%程度を目処に各施設・団体、被災地に対して、金銭の他カレー提供などの各種支援活動を行っています。カレー提供等の支援を通じ収益金が生じた場合、該当施設に寄付金として支援しています。

あしなが育英会

あしなが育英会は、病気や災害、自殺などで親を亡くした、もしくは親が重度後遺障がいで働けない家庭の子どもたちを対象に、心のケア事業と教育支援事業を行う民間の非営利団体です。
遺児の進学支援のため奨学金の貸し出しなどを行っており、当社は遺児支援のため2006年より毎年寄付を行っています。

あしなが育英会

子供の未来応援基金

学びの機会や衣食住が十分でない子どもたちが、進学や就職にチャレンジできるよう、全国各地のNPOなどの民間団体がさまざまな活動を行っています。
内閣府はそうした草の根で活動しているNPOなどをサポートすべく、2015年から「子供の未来応援基金」として寄付を募っており、当社は「子供の未来応援国民運動」に賛同し2018年から寄付を行っています。

子供の未来応援基金

第36期の主な実績

あしなが育英会・・・1,500万円
子供の未来応援基金・・・1,500万円
福祉団体、災害時の食材等の提供・・・357万円
地元福祉団体でのバザー売上金寄付等・・・192万円

第35期の主な実績

あしなが育英会・・・4,600万円
福祉団体、災害時の食材等の提供・・・303万円
地元福祉団体でのバザー売上金寄付等・・・106万円

第34期の主な実績

あしなが育英会・・・2,100万円
熊本地震義援金・・・500万円
福祉団体、災害時の食材等の提供や地元福祉団体でのバザー売上金寄付等・・・641万円

第33期の主な実績

あしなが育英会・・・3,200万円
福祉団体、災害時の食材等の提供・・・639万円
地元福祉団体でのバザー売上金寄付等・・・123万円

第32期の主な実績

あしなが育英会・・・2,800万円
福祉団体、災害時の食材等の提供・・・594万円
地元福祉団体でのバザー売上金寄付等・・・122万円

第31期の主な実績

あしなが育英会・・・3,300万円
福祉団体、災害時の食材等の提供・・・182万円
地元福祉団体でのバザー売上金寄付等・・・134万円

また、直営店においては、店頭に「あしなが育英会」の募金箱を設置し、上記の寄付以外に、店舗従事者及びお客様より募金を募っています。

その他

当チェーンでは補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の同伴ができます。